極小径レンズ向き

透過反射一体型モデル

  透過・反射型偏芯測定機 

 US-A1000

1台で透過・反射方式で測定できる便利な偏芯測定機。

どちらかといえば、極小径レンズ測定に適しています。

操作は簡単で、シンプルなデザインとなっています。

 




主な特徴



最小測定はΦ0.5mm

内視鏡などに用いられる

極小径レンズの測定が可能に。


透過測定と反射測定

 

一台で両方測定できる便利な測定機。

解析画面は自動で切り替わり、

面倒な操作は不要です。


コンパクトなデザイン

作業スペースが小さく、

シンプルかつコンパクトなデザイン

 


コリーメータとして活用が可能

 対物レンズを外せばオートコリメータ(反射)、

コリメータ(透過)として使用可能。

また平行平面基盤、クサビプリズムの測定が可能


CS-A1100モデルと同様測定

(透過測定)

 

透過偏芯測定では従来のCS-A1100を活用し、

同製品と同様に簡単に測定結果が得られます。

 


あらゆるレンズに対応

 3種類のモータ式レンズ回転装置および

各種レンズホルダーを取り揃え、

あらゆるレンズに対応致します。





印刷用