接合レンズに特化

接合作業のスピードアップへ

 接合レンズ専用偏芯測定機 

CS-A3000

接合レンズ製造会社のご要望にお応えした測定機。

モニターを見て芯出しを行うので作業時間が大幅短縮。

作業の効率化をすることで量産を可能にしました。




主な特徴



芯出しエリア内では

自動で拡大表示

 上部レンズがエリア内に入ると2倍に拡大表示。

この機能により芯出し作業が簡単になりました。


タッチパネル方式を採用し、

作業が簡単にできる

 画面をタッチしながら作業ができるため、

作業がスムーズにできる。


マスターレンズでの

「中心点」をデジタル設定

位置を決めたら、

パネルをタッチして設定します。


UV仮硬化後の

確認測定が可能に!

 

測定は左右の振れ幅のみで測定します。

 


芯出し作業中の

偏芯量を表示

 

作業中の偏芯量をリアルタイムで

数値表示します。この機能により

作業しながら芯出し作業が早くなります。

 


アライメント線は

デジタルラインで操作

 十字線の輝度ピークを

「赤のデジタルライン」に変換


許容値エリア内で

数値の色が変わる

 接合の「合格基準」が、色変化で分かります。





印刷用