φ1mmの極小レンズを反射式で測定したい

反射型で測定したい

反射型偏芯測定機 US-A1

 

 

 

 

反射型タイプの偏芯測定 

 

お客様によっては、透過型ではなく反射型で偏芯測定をご希望する企業も多いです。ご要望に応じて反射型タイプをご用意致しました。

 

 

測定範囲はΦ1mm以上

 

内視鏡レンズ等の極小径レンズに特化した反射式偏芯測定機です。測定範囲は、φ1mmから測定が可能になりました。φ1mm以下でも像を確認することは可能ですが、分解能はRによって変わります。



  極小径レンズに特化したモデル


反射方式で

極小径レンズを測定

 お客様のご要望にお応え、

反射方式での偏芯測定を可能にしました。


オートコリメーターとして

使用が可能に

対物レンズ、レンズ回転部を外すと、

オートコリメータ(f=200mm)としても使用可能。





印刷用