一般レンズ向き

透過反射一体型モデル

  透過・反射型偏芯測定機 

 TR-A1

1台で透過・反射方式で測定できる便利な偏芯測定機。

どちらかといえば、汎用レンズの測定に適しております。

操作は簡単で、シンプルなデザインとなっております。

極小径レンズ向き透過反射一体型→US-A1000

 




主な特徴


本装置は、どちらかというと一般レンズ向けの透過式・反射式一体型のモデルとなっております。
2台1役で、操作は同じ手順で測定が可能です。多彩な画像処理で、暗い反射像も確実に検出できます。また対物レンズを交換することで、幅広いレンズの測定が可能になりました。

透過も反射も同じ手順で測定

▶測定手順

①測定するレンズを選び、キャッツアイ条件を登録します。

②測定像と対物レンズを選択すると、像の位置を自動計算します。反射像も透過像も同じ操作で像の位置がわかります。

 

 

 

③指示された位置に対物レンズを動かすと像が見えます。開始ボタンをクリックすれば測定開始。測定結果が偏芯円の半径と角度で表示します。

 

多彩な画像処理で目的の像をとらえる

目的の像を確実に検出し測定する

光学レンズは反射光を減らすために様々なコーティングが施されております。そのため、反射像は暗く、像が見え難いこともあります。このような条件でも画像処理により、目的の像を確実に測定することが可能になりました。

上の画像は、マージン(範囲指定)を行うことで複数の像から目的の像のみを検出した画像です。この他にも様々な画像処理により、目的の像を確実にとらえます。

詳しくはこちら→「解析ソフト

 

幅広いレンズ測定が可能

TR-A1本体は、作業机に乗る大きさでありながら、対物レンズを交換することで幅広い範囲の測定が可能になります。





印刷用