現場で使える高性能偏芯測定の決定版

レンズ偏芯測定機の新基準

 透過型偏芯測定機 

CS-A1100/CS-A1100S

コンパクト、省スペース、使いやすさを追求した設計。

製造現場での高品質化、効率化を実現する偏芯測定機

として多くのお客様に高く評価されております。




主な特徴



Φ3mmから測定ができる。

プリズム・平行平面の偏角測定可能

コリーメーター方式の透過型偏芯測定機。

Φ3mmから測定が可能で、偏芯量の最小読取り

表示は1″。プリズム・平行平面の偏角測定可能。

 


Φ1mmから測定がラクラク。

(CS-A1100Sモデルのみ)

小径レンズのアライメントとピント出しが

非常に楽です。基本性能はCS-A1100を受け継ぎ、

Φ3mm以下の小径レンズ測定用に内部光学系を

短焦点広角仕様に進化したモデル。


デジタル画像処理による

高精度測定を実現

回転時の誤差を僅少とする「測定点除外機能」や

高精度測定に便利な「画面拡大機能」を搭載して

おります。校正原器による精度保証も万全です。


多彩なレンズ回転ステージ

レンズのサイズに合わせて回転

手動ステージはΦ15~80mmまで。

大型ステージはΦ70~200mmまで。

モーターステージはΦ3mm~78mmまで。


各レンズの大きさにあったホルダー

樹脂ホルダー/2ピンホルダー

 Φ3mm~78mmまで対応可能。

Φ3mm以下は特殊ホルダーで対応可能。


接合レンズ・Dカットレンズ・

鏡筒状態でも測定ができる。

 サンプルの形状に合わせた専用ホルダーを

個別製作することにより、様々なレンズに対応します。


ワンボタンで大量測定をこなす

自動測定仕様も可能。

 サンプルセット後、ワンボタンで

サンプル吸引~回転~測定~データ保存の

一連の動作を行います。


膨大な測定データの

データ検索処理が可能

 多品種の測定データを検索項目別に選択し、

一覧表の出力が可能です。


現場で使える

コンパクト、省スペース、使い易さ

装置配置用ベース板を用意致しました。

(W347×D437×板厚27mm)





印刷用