現場で使える高性能偏芯測定の決定版

レンズ偏芯測定機の新基準

 透過型偏芯測定機 

CS-A1100/CS-A1100S

コンパクト、省スペース、使いやすさを追求した設計。

製造現場での高品質化、効率化を実現する偏芯測定機

として多くのお客様に高く評価されております。




解析ソフト


ナビゲーションチャートを採用しており、ターゲット像の中心を素早く見つけることが出来ます。
偏芯量は数値で表示され、個人読取り誤差を僅少にします。

ターゲット線像と

クロスライン(輝線)

ターゲット線像をクロスラインに

変換することによって、

個人読取り誤差を僅少にします。


 

偏芯量を数値表示

レンズ回転によるクロスライン交差点の

軌跡から偏芯量を演算、表示します。

また最小読取り表示は1″です。


  測定モード

測定する状況に応じて、測定モードを変えることができる。

自動測定・手動測定・芯出し作業など状況に応じて測定モードを変えることが出来ます。
また芯出し作業など、画面をフルスクリーンにすることにより、繊細な作業にも対応できます。

 

自動測定モード

 

レンズを回転中に一定時間ごとに測定点を捉えて、
最小二乗法で円を近似し、偏芯量として自動的に
演算・表示・保持します。
測定点のうち大きく離れた点を省き、安定した
演算を行う機能も付いています。

 

 

手動測定モード

 

レンズを回転し、クロスラインの一番左の位置と
一番右の位置を測定者自身が設定し、偏芯量を
求めるモードです。
クロスラインとスケール線だけですので、非常に
見易く合わせ精度が高くなります。
芯出し、芯出し後の確認に便利です。

 

 

芯出しモード

 

芯出し、芯出し後のチェック時に画面中央部を
拡大し、またクロスラインとスケール線のみに
するモードです。
特に手動設定、十文スケールを使用時に、
その効果が大きく現れます。

 

 

フルスクリーンモード

 

芯出し作業に便利なモードです。

CS-A1100とCS-A1100のソフト画像比較

標準画像の比較(サンプル無し)

Φ3mmレンズの比較(補正レンズ装着)

データ検索用ソフト

測定したデータを検査成績表として作成

測定したデータを日付、測定者、レンズ名毎に検索し、検査成績表を作成するソフトです。





印刷用